紫外線対策は子どものうちから!

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、東君が黄砂のことを述べていたので、同じくこれからの季節、しっかり対策を行いたい紫外線の話を今日はしたいと思います。
昔は、真っ黒に日焼けした子供たちをみると、健康的だ!というイメージを持っている方が多かったのではないでしょうか?

また、学校などでも日焼け大会などがあったりして、積極的に肌を焼きましょう、なんていっている時代もありましたよね。
しかし最近では、紫外線の影響がわかるようになってきたので、UVケアも常識になりつつあります。
でも、まだまだ日本では、「子どもから」という認識は進んでいないような気もします。

そもそも、子どものうちは、日焼けをしても皮膚が黒くなったり赤くなったりするくらいで、シミやしわになるようなダメージがみえないので、影響がないと勘違いしてしまいますよね。

ですから、あまりUVケアの事に関心がいかないかもしれません。

ですが、成人になるにつれてその影響は蓄積されてきて、肌に、またその他の場所に影響が出やすくなってきてしまいます。

また以前、日本では母子健康手帳に、『日光浴のすすめ』という項目がありました。
赤ちゃんに適度な日光浴が必要だと記載されていました。
しかし1998年に母子健康手帳から日光浴の項目がなくなってしまいました。
紫外線の影響が証明されてきたからですが・・
このように国としても紫外線の影響をみとめてきています。

紫外線はシミやしわの原因になるだけではなく、白内障や、皮膚がん、皮膚の免疫力低下など色々なマイナス面を身体に与えてしまいます。
日本ではしみや、しわの美容対策の観点からUVケアを推奨しているほうが多いようですが、外国では子どものころから先程の身体へのダメージ病気を引き起こす対策としてUVケアを徹底する意識が多いようです。
日本は意識の点で遅れているのかもしれません。

ですから、UVケアは大人になってから、また女性がするもの!男性はUVケアなんて思わないほうがいいでしょう。
小さいうちからケアを怠ると、大人になって大変なことにもなってきます。
それは美容や健康に影響を与えるということもありますし、特にアトピー性皮膚炎のお子さまの場合には、紫外線が症状の悪化要因になることがあります。
大人、子どもまた男性、女性を問わずしっかり行うことが必要でしょう。

これからの季節、気をつけてくださいね。

 
おまけ★★★★東のつぶやき

あとぴナビでも、

●アトピーを克服するためのスキンケア基礎知識 &春の紫外線対策
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=care&c2=2&c3=5

で特集していますのでご参考下さい。