化粧品の使用期限

中田です。
昨日の南さんのブログで、古い化粧品の話が出ていましたので、今日は、化粧品の使用期限について説明したいと思います。

化粧品の場合、法律上は、通常の環境(常温)で3年以上、保持できるものは使用期限を明記する必要はありません。
逆にいえば、通常の環境(常温)で3年持たないものは、使用期限を明記しなければならない、ということです。

よく冷蔵保存で使用期限が3カ月、というような無添加化粧品がありますが、これは、防腐効果のあるものを使用していないため、常温での保存が困難だからです。
なお一つ、注意いただきたいのは、そういった無添加化粧品の場合、販売するメーカー側は、無添加だからお肌に安全、というような表現を行いますが、必ずしもそうとは限りません。
なぜなら、防腐効果のある成分を使用していない化粧品の場合、その化粧品をお肌に使用した「瞬間」から、「腐敗」が始まるからです。
その品質の変化の度合いは、温度や湿度、時間などに左右されますが、直射日光を浴びる状況や、高温多湿の状況下が考えられる場合は、要注意です。
お肌につけるまでは無添加で安全でも、お肌につけた後で、変質して肌に刺激を与えているのでは本末転倒だからです。
ただし、あとぴナビで商品開発を行ってる限りにおいては、防腐剤そのものは、多少なりともお肌への刺激がある傾向がありますので、一番ベストは防腐剤ではない、防腐効果のあるものが、実質的な使用を考えた場合は、適切だと思っています。

少し話がそれましたが、使用期限が明記していない化粧品であれば、常温で保存、未開封であれば3年以上は保持できるということですね。
では、「3年以上」ということで上限はどうなのか?というと、こればかりは何とも言えません。
化粧品のメーカーは加速度試験(加熱、冷却を交互に繰り返し、形而変化を与えることで、品質の変化を見る試験)で、一定期間後の「変化」は調べますが、法律の範囲内である3年というところを超えて調べても、それを商品に表現はできないためです。

また、化粧品の保管には、いくつか注意が必要です。

・未開封の場合は、できる限り冷暗所で保管すること
・開封後は、できる限り冷蔵庫で保管すること(冷蔵できない商品を除く)
・開封後は、数か月以内に使い切るようにすること
・指や手で、直接容器の口やクリームなどに触れないようにすること(スパチュラなどを使用する)  ※指や手の雑菌が商品に混入することを防ぐため

 

残 っていると、どうしても最後まで使い切らないともったいない、と感じるかもしれませんが、古くなった化粧品は、お肌にとって刺激となるばかりか、炎症を引き起こすこともありますので、十分に注意するようにしましょう。

 
おまけ★★★★博士のつぶやき

時間が空いてしまった化粧品を使用する際は、できるだけ、背中や二の腕などの部位で、パッチテストを行い、異常が見られないかを確認した上で使用する方が無難かもしれんの。
それと、シャンプーやソープの詰替え用を使用している人の場合、なくなったらそのまま継ぎ足していることもあるかもしれんが、必ず一度、よく水洗いし、さらに「十分に乾燥」してから使うようにして欲しい。
水滴が残った状態も良くないから注意して欲しいものじゃ。