食品添加物の話

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 
昨日は、遺伝子組換え食品のことをブログで書きましたが、同じ食に関する部分として、今日は「食品添加物」について見ていきたいと思います。

  
●アレルギーっ子と食品添加物
「アレルギーっ子の生活百科(角田和彦著・近代出版)」より

 
食品添加物は食べ物の中に含まれる物質ですが、私たちが食べて生存のためのエネルギーにするものとは違います。作った加工食品が腐らず長持ちするためのもの(防腐剤、保存料、酸化防止剤)、色をきれいに見せかけるもの(発色剤、漂白剤、人工着色料、天然着色料)、いい香りをつけておいしそうに思わせるもの(人工香料)、食品を柔らかくして舌触りをよくするもの(結着剤)、うまみをつけておいしくみせかけるもの(アミノ酸、グルタミンソーダ)、水と油を混ぜて分離しないようにするもの(乳化剤)など多くのものがあり、それぞれの目的のために食品に加えられています。食品添加物を気にせずに加工食品を食べ続けると1日8~11gもの食品添加物を食べることになります。1年間では3~4㎏も食べそれを処理しなければなりません。アレルギーっ子にとっては大変なことです。自然な状態で食べ物の色やつやをみて臭いを嗅ぎ、食べられるかどうか判断し、素材そのものがもつ香りと味や舌触りで楽しみながら食べる。この生きるために必要で大切な行動が食品添加物のためにだいなしにされています。食品添加物の入っていない自然な食べ物を食べるように心がけましょう。
非ステロイド系消炎鎮痛剤に敏感な場合(アスピリン喘息・アスピリン過敏症ともいわれます)、保存料・人工着色料・人工香料・漂白剤(亜硫酸塩)・ベンジルアルコールなどにも反応することがあります。

  

食品添加物は、文中にあるように、本来の食に「必要」なものではありません。
とはいえ、食料供給の面からみた防腐剤などについては、まだ理解できる部分がありますが、発色剤など、「見た目」のために使われる添加物は、「消費者の意識」が変われば、自然淘汰されていく要素と言えるでしょう。
「見た目」が良くて「中身が悪い」、こういうことは、食物に限らず、いろんな「出来事」にあてはめることができます。
こういった食品添加物、つまり化学物質の問題点としては、中毒症状に至らぬ=安全量、とされているところです。
中毒症状が出ないことが、体にとって安全であるわけでないことは、いうまでもありません。
「物事の本質」を、誤らぬようにしたいものですね。

 
おまけ★★★★南のつぶやき

「食」は、体を構成する「元」にもなる、健康面からみて、非常に大切な「要因」です。
生命を維持する=健康を維持する、ということには必ずしもつながりません。
今日、食べたものが、今日は影響がなければそれで構わない、と思っている人でも、将来、いざ何らかの影響が現れれば、その摂取を後悔することになるでしょう。
毎日の生活習慣だからこそ、気をつけたいですね。