花粉は終わり?でも黄砂に注意

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 
少し前の記事ですが、花粉の飛散が収束した、という記事がありました。

 
●スギ花粉昨春より早めに終息 5月上旬には全国で“花粉明け”~環境省発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100416-00000016-oric-ent

 
環境省は16日、2010年スギ・ヒノキ科花粉の終息時期について発表した。スギ花粉の飛散については九州、中国、四国、近畿地方では3月中旬から下旬にかけておおむね終息。また、北陸地方南部、東海、関東・甲信地方は「4月上旬に終息したものと判断される」としている。東北地方、北海道は4月下旬から5月上旬に終息する見込み。全国的に昨春と比較すると、1~3週間程度終息時期が早まるとしている。

なお、今シーズンのスギ花粉のピークは九州、四国および中国地方は2月下旬、近畿、東海、関東・甲信地方は3月上旬、北陸地方、東北地方南部は3月中旬頃、東北地方北部以北では3月下旬から4月上旬。

2010年のスギ花粉飛散量は例年よりも大幅に少なくなっているうえ、今春は雨の日が多かったため花粉が雨で流され、飛散量が予想を下回ったと考えられる。また、同省は「今後も多くの花粉が飛散する可能性は低い」と分析しつつ、「スギ・ヒノキ科の花粉飛散が終息しても、すでにイネ科花粉が若干量ながらも飛散し始めている」と警告。花粉症の症状が続く場合は別のアレルギーの可能性があるため「症状が強い場合には、医療機関にご相談下さい」と注意を呼び掛けている。

 
今年は、天候不順が続いたせいか、花粉の飛散も例年より少なかったようです。
しかし、花粉は終わっても、これからは黄砂に注意が必要となります。
これまでも、何度かブログで取り上げましたが、黄砂でアトピー性皮膚炎の症状が悪化するケースを知らない方が意外と多いようです。
外出時の皮膚の洗浄やマスクなどの物理的な対策、洗濯物を外で干さないなど、花粉症で症状が悪化しやすい方の場合は、同時に黄砂の時期が終わるまでは、注意が必要ですので、気をつけてください。

 
おまけ★★★★博士のつぶやき

黄砂のことを、何度もブログで取り上げとるのは、花粉症と違い、鼻炎の症状は伴わずに、皮膚の症状悪化が見られることが多いからじゃ。
つまり、黄砂が悪化原因となっておることに気がつかないケースがあるというわけじゃ。
黄砂の対策も基本は花粉症と同じじゃから、気になる人はしっかりと対策して欲しい。