離脱中の方へのメッセージ

明けましておめでとうございます。南です。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、お正月はどのように過ごされましたか?
ちょうど、ステロイド剤のリバウンド中の方は、お正月の雰囲気を十分に味わうことも難しかったかもしれません。
また、アトピー性皮膚炎は季節の影響を大変に受けやすく、この季節、症状が思わしくなく悩んでいらっしゃる方も多いと思います。

そこで今日は、辛い離脱を乗り越えて回復に至ったあとぴナビの会員の方から、いま辛い状態にある方へいただいた、新年のメッセージをお届けしたいと思います。

 

 
●Aさんからのメッセージ

私は、温泉湯治を始める前に、離脱が落ち着いた状態(それもあまりひどくなかった)だったのですが、自宅温泉湯治を開始後に大きな症状の波が現れました。
その時は本当に辛かった。
汁は流れてくるし、ものすごい倦怠感。
寝汗。
極度の冷え。
精神的な落ち込み。
・・・もう最悪!!

その時期は、一歳に満たない息子と実家に世話になりましたが、親とけんかばかり。
でも、いつかは落ち着くんですよ。
アトピーの症状が。
少しずつでも良くなってくれば、生きている喜びを感じるようになります。

本当に辛いときは家族でも・・
〝もうとにかくほっといて〟
って思ってました。

ちょっとした一言に、ひどく傷ついたりしてしまうんです。
ふつうの状態なら聞き流せるはずなのに、それができない。
すぐ泣き叫んでしまったり。。
そんな人、多いと思います。

私なんて、周りから薬(ステロイド)を塗ったら?とかアトピーに効くらしい?変なものを 薦められたり押しつけられたりされ、大変なストレスでした。

やっぱり家族の理解が一番大切ですよね。
難しい事かもしれないけど。
アトピーが辛い時期はとにかく乗り越えるしかないのだから、ひたすら耐えるしかないですね。
頑張って!
泣きたいときは思いっきり泣く。
わがまま放題やってしまっていいんです。
治っちゃえばいくらでも感謝してお返ししてあげられるんだから。

とにかく、あたたかく見守ってほしいですよね。
今は辛くても大丈夫!!
今年は、ぜったい良くなるよ!!
頑張って下さい!

 

Aさん、メッセージの方、ありがとうございました。
アトピーの辛さは、アトピーの人しか分からないものです。
でも、その辛さを乗り越えるためには、周囲の理解や協力が必要なこともあります。
もしなかなか周囲の理解が得られないときは、いつでもお電話ください。

アトピー性皮膚炎は、決して「治らない」疾患ではありません。
でも、治すためには、「治せる」だけの生活面などの改善も必要です。
今年一年、皆さんのアトピー性皮膚炎が良い状態に向かうよう、私ども相談員も頑張っていきますので、お気軽にご相談ください。

 
おまけ★★★★東のつぶやき

アトピーの人の気持ちは、確かにアトピーの人が一番良く分かるものです。
どのような思いでアトピー性皮膚炎を克服していった人がいるのか、あとぴナビの克服体験ナビでは多くの方の体験談を紹介していますので、辛い時にはぜひ読んでみてください。

●あとぴナビ 克服体験ナビ
http://www.atopinavi.com/navicontent/index?c1=experience