寅年と環境問題

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 
明けましておめでとう!
今年もよろしく!

早速だけど、今日と明日はお正月でスタッフも休みなので、僕がブログを担当します!

今年は寅年、そして虎といえば、ネコ科の動物だけど、不思議と甥っ子の家は、ネコ科の動物には縁がないみたい。
今まで飼ったペットは、犬、ハムスター、モルモット、カナヘビ(トカゲ)、亀、といった感じ。
最も、甥っ子の父親が、猫の毛のアレルギーがあるので、難しいってこともあるし、今、ハムスターが5匹もいるから、猫は天敵になっちゃうからね(笑)

ところで虎といえば、野生では食物連鎖の頂点にいるわけだけど、野生の虎も減少しているよう。
その原因は、生息地の人口増加、森林の過度伐採、草原の破壊などが挙げられていて、いずれも人が関わるものばかり。
食物連鎖の頂点がいなくなると、食物連鎖を形成するピラミッドが崩れて、一番底辺をささえる動物や植物、微生物などにも影響が現れ、結果的に、ヒトにもその影響のツケが回ってくることは、良く言われているよね。

同じように、今の社会は、清潔な環境が保たれ、抗菌なども良く言われているけど、本来、「菌」もその生息する環境下の中では、何らかの食物連鎖のピラミッドを形成しているわけだから、特定の菌を排除することは、他の菌にも影響を与えて、結果的に、僕たちの生活にも関わってくるよね。

アトピー性皮膚炎も、人間の免疫力のバランスの異常が関わっているわけだけど、その一つに、この菌のバランスが関わる面も指摘されているんだ。

環境問題は、地球規模でいろいろといわれているけど、温暖化やエコの観点だけではなく、こういった「食物連鎖」の環境問題も、真剣に考えていかないと、いずれ、大きな代償を払わなければいけなくなるかもね。

みんなも、アトピー性皮膚炎を考える上で、こういった「バランス」ということは、ぜひ考えて欲しいな。

 

おまけ★★★★ショウゴのつぶやき

新型インフルエンザなんかも、こういった菌のバランスの問題が言われているよね。
このバランスは、一度、乱してしまうと、元に戻すのは本当に大変。
毎日の生活の中で、健康を考えて行く上では、大事にしたいテーマだね。