皮膚トラブルからアトピーが発症?

今日は、昨日のおまけで書いたように、皮膚トラブルからアトピー性皮膚炎が発症するのか?ということについて述べてみたい。

 

Larry the Cable Guy: Health Inspector move  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく聞くのが、乳幼児で乳児湿疹が悪化してアトピー性皮膚炎になった、という話じゃ。
乳児検診などで保健婦の人から「ちゃんと病院行って治療しないと、このまま乳児湿疹を放置しておくと、アトピーになっちゃうわよ」と言われたことがきっかけで、ステロイド剤治療をはじめてしまい、結果的に、重症化してしまったという話は多い。

本当に、乳児湿疹など、直接、アトピー性皮膚炎とは関わっていない皮膚トラブルが悪化すると、アトピー性皮膚炎につながることはあるのじゃろうか?

答えは、「否」じゃ。

アトピー性皮膚炎とは、連鎖的に痒みが生じる皮膚疾患であり、その原因の一つは、アレルギー的な素因というのは関わってくる。
もちろん、角質層の乾燥からくる痒みを知覚する神経線維が角質層内に侵入することで悪化する「肌の要因」というのもアトピー性皮膚炎にあるのは確かじゃが、これは、アトピー性皮膚炎そのものを生みだしているわけではない。

Amadeus psp

アレルギー的要因が関わる「体内的要因」も、皮膚の水分不足という要因が関わる「皮膚の要因」も、アトピー性皮膚炎を発症させる「力」をもった人のみが、アトピー性皮膚炎という症状を現すことになる。
もし、アトピー性皮膚炎を発症させる「力」を持たない人ならば、連鎖的な反復継続した痒みにつながることは少なく、原因となる状況を解消することで、掻痒感は落ち着くことになる。

アレルギー的な要因でいえば、蕁麻疹などの即時型アレルギー、皮膚の機能的な要因でいえば、一般的に乾燥肌、といわれる部分じゃな。

つまり、乳児湿疹の幼児が、皮膚を掻き壊した場合にアトピー性皮膚炎を発症するのは、接触性の反応を示しうるアレルゲンがバリア機能が破壊されることで皮膚下に侵入、そこでアレルギー反応から炎症反応を有した場合じゃ。
ということは、アレルゲンの接触がなければ、皮膚を掻き壊したことが原因で体内の免疫的な反応は生じることはない。
そのアレルゲンも、皮膚からの侵入が容易なものに限られる。
食事などで摂取されるアレルゲンはまた別、ということじゃな。

アトピー性皮膚炎を発症するにいたる根本的な原因は、確かに皮膚(角質層)や体内(免疫)にきっかけを抱えており、そのきっかけを誘発させる要因として、皮膚の掻き壊しがあるのは確かじゃが、先に述べたように「皮膚の掻き壊し>アトピー」(皮膚の掻き壊しからアトピーが発症する)ではなく、「アトピー>皮膚の掻き壊し」(アトピー性皮膚炎の人は、皮膚の掻き壊しをきっかけにアトピーが発症する)ということじゃ。

10/19のブログで書いたように、アトピー性皮膚炎の場合にアレルギー反応に関わるIgEは、皮膚の表面で炎症を起こす肥満細胞だけに関わっているのではなく、IgEそのものを連鎖的に増殖させるB細胞(sIgE+B細胞)の方が強く関わっておる。

●アトピーとIgEとステロイド剤
http://blog.atopinavi.com/2009/10/19/

逆にいえば、B細胞がマイナス(sIgE-B細胞)からプラス(sIgE+B細胞)に変容させる要因こそが、連鎖的なIgEの反応を生むかどうか、つまりアトピー性皮膚炎を発症させるかどうかに深く関わっておるということじゃ。

※ここでいうマイナス、プラスとはB細胞の表面(surface)にIgEを有するか(プラスか)、有しないか(マイナスか)ということ。表面=surfaceの頭文字のsをとって、sIgEと表記される。
 

皮膚のトラブル=アトピー性皮膚炎と短絡的に結び付けてしまうと、もしアトピー性皮膚炎ではなく、反復継続しない痒みだったということであれば、何もリスクの高い治療法(ステロイド剤など)を優先的に選択する必要もなかった、ということもありうる。

皮膚トラブルと、アトピー性皮膚炎は別物であることをしっかり認識して、その原因と治療を考えることで、安易な薬剤の使用によるリスク(薬害、副作用)を受けなくても済む、ということでもあるじゃろう。

特に、最初にあげたように、乳児湿疹の場合、簡単にアトピー性皮膚炎、と診断され、何の検査もされずにアトピー性皮膚炎の治療(ステロイド剤治療など)が開始されるケースを良く聞くので、十分に注意して欲しいと思う。

 

おまけ★★★★博士のつぶやき

今日のブログの中で、少しだけsIgEのことについて触れた。
おそらく、読者の方の中には、マイナスをプラスにする要因があるのであれば、プラスをマイナスにするにはどうすれば良いのか?ということを疑問に思う人もいるじゃろう。
これは、専門の先生にお聞きしたのじゃが、現時点で判明していることは、残念じゃが、時間をかけるしかないそうじゃ。
だからこそ、アトピー性皮膚炎は症状が長引きやすく、その症状が長引いている中で、ステロイド剤を安易に使用すると、ステロイド剤はマイナスをプラスにかける要因となりうるため、IgEを増加させる、つまりアトピー性皮膚炎そのものを悪化させる要因となりうるから、問題が生じるということじゃな。