体を洗うのは、何が良いのか?

The Planets psp 東です。
先日、Webで興味深い記事を見つけましたので、紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 
●女性3人に1人「体は手で洗う」 「肌に負担をかけない」「乾燥させない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091003-00000001-jct-soci
 

20~30歳代の女性の3人に1人が、体を洗う際にスポンジやタオルを使わずに、「手」で洗っている。その理由は「肌に負担をかけない」「乾燥させない」ためで、顔と同じようにボディケアに気をつかう女性が増えている。

■全体の63%が「スポンジやタオルでゴシゴシ洗う」

ライオンは20~30歳代の職を持つ女性500人に「体の洗い方」に関する実態調査を行った。
buy Flubber
96%の女性が「毎日、体を洗う」と回答し、そのうち「1日に2回以上洗う」という人は6%だった。
体の洗い方については「手で洗う」と答えた人が29%で、3人に1人が「手洗い派」であることがわかった。その理由でもっとも多かったのは、「肌に負担をかけないため」(83%)。「乾燥を防ぐため」(35%)、「美肌のため」(24%)、「敏感肌だから」(23%)と続き、「肌のため」という回答が目立った。

「手洗い派」になったきっかけは、「雑誌で『手で洗う方が肌に負担が少ない』と読んだ」「『顔も手で洗うように、体も手で洗う方がよい』という美容家の人の話をきいたから」で、1~2年前から手で洗っているという人が多い。

効果については、2人に1人が「乾燥が気にならなくなった」(48%)と回答。「肌がしっとりした」(24%)、「潤いがアップした」(21%)という人もいる。

一方、全体の63%が「スポンジやタオルでゴシゴシ洗う」と答えていて、その理由は「さっぱりするから」(62%)、「習慣だから」(53%)、「汚れがよく落ちるから」(47%)というもの。ところが、ゴシゴシ派の72%が「体をゴシゴシ洗うと、肌に負担がかかる」とも答えていて、「肌によくない」と感じながらも続けているようだ。調査は2009年9月4日に行い、9月30日に結果を発表した。

「Yahoo!知恵袋」に「皆さんは体をどうやって洗ってますか?」という質問が9月30日に投げかけられた。

「30代女性です。私はここ10年くらい、手洗い派です。肌が弱いのもありますが、固形石鹸(無添加)をよく泡立てて使っています。夏は背中などの皮脂が沢山出やすい部分のみ、綿かシルクのタオルで洗います」
という回答が書き込まれている。

別の「手洗い派」は、目の粗いタオルと洗浄力の強いボディソープを合わせて使うと、気がつかないうちに「皮脂(膜)」をそぎ落とし、アトピーやその他の皮膚のトラブルを誘発する原因になっている、と指摘している。

■「石鹸の泡の力で十分汚れはとれる」

「手洗い派」は女性に多く、ここ数年、ボディケアが注目されていることと関係していそうだ。ドラッグストアや量販店ではいろんなボディケア用品が売られているし、はじめから泡で出てくるボディソープも大手メーカーから発売になっている。

ところで、皮膚科では以前から手で体を洗うことを指導している。

ほりき皮膚科クリニック(東大阪市)では、洗浄剤を充分に泡立てて手や綿のタオルで軽く洗うことを勧めている。ホームページによると、ナイロンタオルは肌に刺激を与え、スポンジは中で細菌が増殖して皮膚に感染症を引き起こすことがある。ゴシゴシこすらなくても「石鹸の泡の力で十分汚れはとれる」。

ただし、洗浄剤を泡立てずに直接皮膚につけたり、石鹸を皮膚の上でこすったりすると、「皮脂の膜」が奪われて炎症を起こしやすく、注意が必要だ。

山田皮膚科医院(島根県出雲市)も、充分に泡立てて手や綿のタオルで軽く洗い、網目のタオルやスポンジなどはバリアを破壊しやすいので使わないことと呼びかけている。

2年前から「手洗い派」という30歳の女性会社員は、

「『泡立てネット』でたっぷりの泡をつくり、手でこすらないようにして洗っています。何回か泡立てる必要があって面倒だと思うこともありますが、ナイロンタオルを使っていたときよりも乾燥によるかゆみがなくなり、肌の調子がよくなったので続けています」
といっている。

 

皆さんは、体を洗う際、何で洗っていますか?
あとぴナビでも、相談をいただいた際には、手に炎症や傷がない場合は「手洗い」をまずお薦めし、気になる方にはあとぴナビWeb通販で取り扱っている「こんにゃくスポンジ」など、刺激の少ないものをお薦めします。

ナイロンタオルなど、使用するとその後、皮膚が赤くなるような素材は、下記の点で、アトピー性皮膚炎にはよくありません。

 

1.皮膚のバリア機能を落としてしまうこと
2.摩擦熱で、皮膚表面が赤くなることで、入浴後の肌の乾燥を増長させること
3.痒みを誘発すること

 

などです。

1については、垢を落とししてしまうような素材のものは特に、肌へのダメージが強いといえます。
角質層がダメージを受ける=バリア機能の低下、ということにつながりますので、連鎖的な皮膚への刺激(アレルゲンの侵入なども含む)を、皮膚に与えかねず、アトピー性皮膚炎の直接の悪化因子と言っても過言ではないでしょう。

2については、記事中にもあるように、入浴後、乾燥しやすい原因の一つが、この部分にあると考えられます。

3については、アトピー性皮膚炎で長年、悩んでいる人なら誰しも経験したことがあると思いますが、体の一部分が気になって、何となく触っていると、いつの間にか全身を必死に掻いてしまっていた、というような状況を生みやすくなるといえます。
皮膚は人間最大の臓器とも言え、皮膚全体で一つの構成をなしています。
臓器の一部分に影響があれば、臓器全体の機能が落ちるように、皮膚も、一部分に何らかの影響が表れた際には、それが全体への影響となっても不思議ではありません。

The Thing About My Folks film

特に、痒みを感じて掻くことで、皮膚下における神経線維の末端では、炎症が生じることで、痒みを知覚させる化学伝達物質を放出しやすくなり、それが更なる痒みの原因となりえるわけです。

その他、記事中にもあるように、浴室内に常備しておくナイロンタオルなどは、湿度、温度、そして石ケン成分や体の垢が付着している状況を考えると、雑菌の温床である場合が心配です。
体液が流出しているようなリバウンド状態のときは、特に、皮膚のバリア機能がさらに低下している状態ですので、雑菌が付着したナイロンタオルなどで全身を洗うとどうなるかは、一目瞭然でしょう。

できる限り、アトピー性皮膚炎の人が体を洗う際には、「手で洗う」ことを心がけたいものですね。

 
おまけ★★★★博士のつぶやき

東君が言うように、アトピー性皮膚炎の方の洗浄は、一番ベストは「手」であることは確かじゃ。
手の平で直接肌を触ることで、「加減」もうまく行えるからの。
ところで、今日の記事で、一か所気になる部分があった。

別の「手洗い派」は、目の粗いタオルと洗浄力の強いボディソープを合わせて使うと、気がつかないうちに「皮脂(膜)」をそぎ落とし、アトピーやその他の皮膚のトラブルを誘発する原因になっている、と指摘している。

この文章だけみると、皮脂をそぎ落とすと「アトピーが発症する」ともとれかねん。
もちろん、真意はアトピー性皮膚炎の人の場合、悪化要因となることがある、という意味合いだとは思うが、意外と、皮膚に対するトラブルから「アトピー性皮膚炎」が発症する、というような記述を見受けることがある。
明日は、そのことについて、少し触れてみたい。