チャレンジすることの大切さ

大田です。

 

Resurrecting the Champ full movie

 

 

 

 

 
昨日の南君のブログで、前向きに立ち向かうことの大切さが書かれていましたが、同じくらい大切なことに「チャレンジする」ということがあります。

もちろん、状態が悪い時には、何かを行う気力も出ないこともあるかもしれません。
ただ、「良くなったら○○をしよう」という考えよりも「良くなるために○○をしよう」という考え方を持つことの方が、その後の回復までの過程は大きく変わるケースを、しばしば見受けます。

先日も、ある会員の方からメールをいただきました。

 
●Tさんからのメール

大田さん、こんにちはo(^-^)o
お久しぶりですね、お元気ですか?
今日は、ちょっと嬉しい事があって、お話ししたくてメールしました。

昨日幼稚園でのお泊まり保育がありました。
息子は、アトピーもあるし無理だろうなぁって、最初は参加を諦めていたのですが、最近調子も良く、夜もよく眠るようになっていたので思い切って参加させました。
先生方も色々な配慮をしてくださり、無事にお泊まり保育をすることができました。

Ripley's Game Episode list for movie

Throttle move

何事も最初から諦めていたらダメなんだなぁって痛感しました。
本人も、とても自信に満ちた顔で帰ってきました。
まだまだアトピー克服までは長い道のりだと思いますが、ここまでこれたことといつもたくさんの力を貸してくださる相談員さんをはじめ、あとぴナビに出会えたことにとても感謝しています。
これからもよろしくお願いしますo(^-^)o

Twee vrouwen psp

 

今まで無理じゃないか、と思っていたことが、実際に行ってみたら全然、平気に行えた、しかもそれが楽しい思い出と自分の励みになったというお話は、良くいただきます。

当然、そのきっかけを掴むまでには、紆余曲折があるかもしれません。
でも、できるだけ前提を「できない」ではなく「やろう」という気持に持っていって欲しいと思います。
一歩一歩、前進していくためには、まず「最初の一歩」を踏み出さなければなりません。

今、何かしたいことがあって、迷っている人は、まずそのことにチャレンジすることを前提にいろいろと考えてみてはいかがでしょうか?
また、いろいろ悩むことがあれば、昨日の南君も書いていましたが、お気軽にご相談ください。

 
おまけ★★★★東のつぶやき

「転地の効果」という言葉がありますが、これは今までと環境を変えることで、体がその環境に慣れるよういろいろな機能が動くことで、非特異的な変調作用を生じさせるために起きる効果です。
The 8th Plague full movie
このように、体は日常生活とは違う刺激により、内分泌や自律神経への変化をもたらすことができます。
そういった面からも、何か目標をもって、そこに向かって頑張っていくというのはとても良いことだと思いますし、大切なことでもあると思います。
無理し過ぎは良くありませんが、「チャレンジする」ことも考えてみてはいかがでしょうか?