疲労を溜めこまない工夫を!

大田です。

 

The Baker trailer

 

 

 

Superstar: The Life and Times of Andy Warhol psp

 

 

Capote hd

The Gene Generation download

 
秋は、食欲の秋、読書の秋、運動の秋など、いろいろな行動が行いやすい季節です。
アトピー性皮膚炎の方も、他の季節と比較すると、行動しやすく感じる方が多いようです。

Newcastle psp

しかし、アトピー性皮膚炎の症状がまだ思わしくないと、夏場の疲労や皮膚のダメージを引きずったままでは、この「行動」できることによる疲労が、さらにアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。

そこで、今の季節に気をつけたいのが「疲労を溜めこまない生活」を心がけることです。

実際、学校、会社に行きながら湯治を行っている方では、土日の休みに、できるだけ身体を休めて、次の週に向けて休養をとる方は多いと思います。
しかし、土日の休養で身体の疲労が取りきれないと、翌週に持ちこしてしまうこともあるでしょう。

また、季節的に活動しやすくなるため、土日にいろいろな予定を連続で入れてしまい、休養がとれないケースもあるかもしれません。
こういった日々の積み重なる疲労は、時間とともに「蓄積」されることが自覚できるようになると、体が受けている影響は大きくなっています。
The River
疲労の回復が、日々の中で難しくなると、場合によっては、疲れて入浴すらできなくなってくることもあるかもしれません。

そこで、そういった状況が見受けられる会員の方には、週の半ばにいつもより早くに就寝するとか、週末で疲労を取りきれない分をどこかでカバーする工夫を行うよう話します。
「帳尻」を合わせていく工夫といえるでしょう。
それも、できるだけ早め早めに対処することが大切です。

Katt Williams: It's Pimpin' Pimpin' divx

「水曜日はできるだけ残業をしないで、早寝してみました」
「深夜番組をみる傾向があったのですが火曜日と木曜日は我慢して寝るようにしてみました」
など、工夫された方の結果は、いずれも疲れが持ち越さなくなったなど良い傾向になりました。

このことは回復した後にも通じることで、自己管理コントロールになります。
早めに就寝するためには、どこかを削るとか行動を素早く行うなど日ごろの生活の中で、改善できるところを見直してみましょう。
時間の使い方一つで見直しできるところが、意外と見つかるかもしれません。
1週間の行動を、記録してみるのもひとつです。

肉体的な疲労もそうですが、精神的疲労も同じでメリハリのある生活や気分転換をしながらの工夫は必要になってきます。
現代社会で生活している私たちは、心身とも疲れている傾向があり、うまくそれを対処できている人、引きずってしまう人で、その結果が変わってきます。
うまく自己管理コントロールするために生活をチェックして、新たに計画を立ててみましょう。

そういった計画は、疲労の回復につながるだけでなく、アトピー性皮膚炎を克服するために必要な生活の構築にも、必ず役立つことでしょう。

 
おまけ★★★★博士のつぶやき

アトピー性皮膚炎の治療と共に、社会生活を並行して行っておる場合、大田君が書いたような、精神的・肉体的疲労は、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させる要因につながることは確かじゃ。

The Heartbreak Kid move

The Mask of Zorro full movie

したがって、日頃から、生活の中で解消できる部分は心がけていくことは大切じゃろう。
特に、10~11月をどのように過ごせたか、体にプラスの要素を積み重ねることができたかは、冬に悪化しやすいアトピー性皮膚炎の人の場合、大きく関わっていく問題じゃ。
代謝を上げるための行動は、どんどん行って欲しいのじゃが、その行動によって得られるもの、失うもの、というのも忘れないようにしていかねばならんの。