お漬物とアトピー

こんにちは。小田です。

 

 

 

 

 
九州HRCでは、食についても、すごくこだわっているんですよ。
今日は、そんなこだわりの一つ「お漬物」のお話です。

腸内環境を整え、体調を改善してくれる乳酸菌。
乳酸菌というとヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌がよく知られていますが、伝統的な日本食であるお漬物にも、多くの「植物性乳酸菌」が生きています。

「植物性乳酸菌」は、動物性のものと比べて、栄養のバランスが悪く、刺激の強い、過酷な環境下でも生き抜くことができる大変強い乳酸菌なのです。

伝統的な日本食は「植物性乳酸菌」の宝庫で、昔から日本人は、自らのカラダに合った乳酸菌をうまく摂り入れて、腸内環境を守ってきたと言えます。
でも、近年の食の欧米化に伴い、腸内環境が悪くなり、アレルギーをはじめとしたさまざまな現代病を引き起こしていることは皆さんもよくご存じだと思います。。

九州HRCでは、腸内環境を整え、免疫細胞を活発にしてアレルギーを軽減する「植物乳酸菌」がたっぷり含まれたお漬物を、朝・夕食時にご提供しております。
しかし、残念なことに食べられる方が偏っています。
単なる好き嫌いなのか・・・
それとも食べる習慣自体が身についていないのか・・・
いずれにしても、日本の伝統的な食文化が廃れて行くことは、健康という観点からも残念です。

どうして食べないのかという質問をすると、「すっぱいから」とか「しょっぱいから」のほかに「若い人の食べ物ではないから」などのイメージから敬遠している人もいらっしゃいます。
どうやら、「昔の食べ物」というイメージが先行しているのでしょうか・・・?
そのイメージを払拭しなければ、という使命感に燃え、植物性乳酸菌はアレルギー改善には効果的な食べ物であることや、ぬか床から野菜にたっぷりの栄養がしみわたっていること、そして、酸味とうまみ、乳酸発酵した食品の風味がほどよく、おいしいということをこつこつと説明してまいりました。

その甲斐あってか、今では無農薬無添加のお漬物、梅干しはご飯のお供として定着するようになり、日本の伝統食のおいしさ、すばらしさを再認識していただけて、本当にうれしく思います。

メインではない、脇役であるお漬物。
たかがお漬物、されどお漬物。
ぜひ、九州HRCにお越しになられた際には、お漬物にも意味があってお出ししていることを思い出してみてくださいね。

 
おまけ★★★★東のつぶやき

先日、ある薬草の先生に、九州HRCの周囲の自然の中で、自生する薬草についてお聞きしてきました。
身近にある単なる「野草」だと思っていたのものが、実は薬草として生命力と、そしてパワーを持っていることに、少なからず驚きを覚えました。
九州HRCでは、食に、この薬草の考え方も、そっと含んで作っています。
詳しくは、5月号のWeeklyマガジン第3週~第5週でご紹介する予定ですので、ぜひ読んでください。