FROM オーストラリア

こんにちは。南です。

 

 

 

 

私のブログで、2月12日、13日オーストラリアの動物達について、オーストラリアのケアンズにお住まいのSさんからのお便りをご紹介しました。
(まだご覧になっていない方は是非見て下さいね)
その後、Sさんからお便りをいただきましたので、ご紹介したいと思います。

 

●Sさんからのお便り

プログ、拝見しました。
私の文章を2日にもわたって載せていただき、有難うございました。
現在、アトピーで悩んでいる方々が、少しでも外に出たいという励みになれれば幸いです。

スケールの大きいオーストラリアの自然は美しいですが、やっぱり日本の自然の風景にはいつでも心が和みます。
自分自身がそこにしっくり当てはまるというか...。
他国ではけっして得ることのできない感覚。
生まれ育った国は特別です。

南半球のこちらは、日中の日差しの強さは相変わらずとはいえ、雲の形が秋らしくなり、かなり涼しい風を感じるようになりました。
そう、残念ながら熱帯には紅葉はありません。
うちの前には、サトウキビ畑と山並みが望めるので、サトウキビの穂にあわせて山が紅葉に染まったら最高なのにね、といつも主人と言っています。

 

 

 

 

 

先日のビクトリア州を襲ったブッシュファイアー(山火事)は本当に残念なことでした。

結局被害範囲は東京都の2.5倍とか。
亡くなった人も200人に達しました。
オーストラリア南部の砂漠からの熱風は半端ではないようで、毎年夏には気温が40℃以上にもなり、(今年は観測史上記録を更新し、山火事が発生した日は46℃!!)また、異常な乾燥状態なので、強風に煽られた時は炎のスピードが時速100kmにまでなったそうです。
多数の人達が逃げ遅れたのも無理はありません。

そんな中でホッとさせるニュースがひとつありました。
消火活動をしていたある消防士が、両手足を火傷しながらも必死に逃げようとしている コアラを見つけ、自分の貴重な水をボトルから飲ませてあげているというもので、普段は全く水を飲まないコアラですが、火傷によって体内の水分を失い、一生懸命水を飲んでいるのです。
この映像は世界各国で放映されたそうですが、なんとも自然、動物を大切にするオーストラリアらしい話だと思いませんか?
この他でも、ワイルドライフオフィサー達による野生動物の救援活動は、素晴らしかったようです。

ところで、来週から10日間、ホリデーをとり、ニュージーランドに行ってきます。
ニュージーランドには6年前に一度、行った事があるのですが、その自然も緑が豊富で、最高に美しいのです。
羊の数が半端じゃないとは聞いていましたが、実際、目の当たりにしてこれまた唖然としましたが...
前回はニュージーランドの南島の南部、一番南極に近い地点まで行きましたが、今回は、南島の北部を周る予定です。
いい写真が撮れたらまた送りますね。
それと、もしケアンズに興味を持たれた方がいらっしゃったら、e-mailをくださいね。

 

Sさん、ありがとうございます。
ニュージーランドについてのお便りも楽しみにしていますね。
今回送っていただいた写真は、ケアンズの紅葉ではなく(笑)、きれいな紫の花はジャカランダといって、ケアンズから1時間半くらいのドライブで行けるアサートンテーブルランドに初夏に咲く花とのことです。
Sさんにe-mailをご希望の方は、ombas@ombas.co.jpに送っていただいたら、Sさんに転送させていただきますね。

 
おまけ★★★★ショウゴのつぶやき

オーストラリアの山火事は、日本でも報道されて、コアラの救出活動はニュースでもやっていたよね。
自然災害は、致し方ない部分はあるかもしれないけど、同じ地に住む動物と人間が、助け合えるのは良いことだよね。
ただ、その自然災害を招く状況は、環境破壊も関係しているから、考えさせられるとこではあるけど・・・