縄文杉登山でのハプニング

北です。

 

 

 

 

 
今日は、「屋久島取材こぼれ話」の2回目です!

 

★1月号の特集記事「縄文杉に会いに行く!」は下記で見てください!
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=special&c2=2&c3=12

 
縄文杉登山では、取材で他の観光客より早く縄文杉を目指すため、まだ空は真っ暗な中を歩きます。
手すりのない橋もあって、かなり怖かったです。

 

 

 

 

 

このときは、帰りにアクシデントが起きることを予想もしなかったスタッフOさん。
後ろ姿は、まだ元気。

宿の人に作ってもらい、朝食、昼食の2食分のお弁当を持っていきました。
一息ついて、日の出の頃に食べるお弁当は美味しいんですよ!

 

 

Dead of Night ipod

 

The Secret trailer

 

※朝食中の読者モデルの柳田さん、水上さん

 

ところが、スタッフの男性陣、なぜかお弁当を食べずにブラブラ。
「僕たち、昨晩、部屋で酒の肴に朝の弁当食べちゃったよ」
ですって!!
「縄文杉までたどり着かなくても知りませんよぉ!!」

 

 

 

 

 

ところで、スタッフのOさん。行く前からやる気満々で、靴や雨具など、屋久島用の登山グッズは万全にそろえていました。
ところが縄文杉から帰る途中、何か様子が変・・・
なんと、片脚のひざが動かなくなってしまったのです。
下りでは、足元が滑りやすい、急な岩場も沢山あり、「命の危険を感じた」そう・・・

 

Hit the Ice hd

 

Red River movie download

Grim Reaper download

 

 

 

※足を引きずるOさん。ひざサポーターとステッキでなんとかしのぎました

 

今回は全員、無事に帰ってこれたので、本当にホッとしました。

明日は、縄文杉のお話です。

 

 おまけ★★★★東のつぶやき

この日は、朝のお弁当が抜きで、しかも自然の中を歩くと、お腹が空いてすいて・・・
本気で、お昼のお弁当を朝に食べようかと、他のスタッフと小声で相談しました(笑)