秋の入浴は温度に注意しよう!

最近は、すっかり涼しくなったせいか、お風呂が心地よい季節になってきた。

特に外からの帰った後の入浴は、一日の疲れがスーと抜けていくようで、本当に気持ちよく感じるものじゃ。
ただ、日中はポカポカ陽気でも、夕方からぐっと冷え込みやすい時期でもあるから、お風呂の温度をどの程度にしようかと、迷うこともあるじゃろう。

 

先日、このような相談があったんじゃ。

「だんだん肌寒くなって来ましたが、お風呂に30分入っても汗が出てきません。
お風呂は38度にしています。
温度を上げると痒くなるような気がするのですが・・・
温度は上げた方が良いのでしょうか?それともこのまま続けても良いのでしょうか?」

夏は、入浴中に十分汗が出て調子が良くても、寒くなるとお風呂で汗が出にくくなり、入浴後のしっとり感もなくなってきて、肌が乾燥してくることがある。
そうすると、どうしても温度を少し上げたくなるものじゃが、繰り返しの入浴を毎日継続していくのであれば、体力面、皮脂の面、そして体の機能の面からも、低温でじっくり入浴することが大切じゃ。

もし、どうしても温まり方が弱いと感じる場合には、「浴水の成分」を変えてみるのも良いじゃろう。
あとぴナビでは、温泉湯治による入浴を今まで続けてきた実績もあるから、濃縮温泉や源泉が一番のお勧めじゃ。
あるいは、皮膚や体に刺激のない入浴剤(色素や臭素を加えていない入浴剤)で、保温効果に優れたものを選んでもよいじゃろう。

また、入浴法のお勧めは、やはり「半身浴」なのじゃが、これから寒くなると、入浴を開始した直後は、浴水につかっていない上半身が寒く感じることもあるかもしれん。
そういうときは、肩に乾いたタオルを掛けるとよいじゃろう。
上半身が温かく感じるぞ。
それと、全身浴と半身浴を交互に行っている場合は、肩が濡れたままにならないようにタオルで拭くように気をつけるんじゃ。
肩が冷えるのを防げるから、寒さを感じにくくなる。

他に、意外と効果が高いのは、入浴前の体操やストレッチを行うことじゃ。
スクワットや腕立て伏せなど、筋トレをゆっくりと行うスロトレなんかもいいじゃろう。
コツは、関節を伸ばさないことじゃ。
軽く動いて全体に血液を送ることで、入浴による身体の温まり方が早く感じるじゃろう。
ちなみに、スロトレについては、東大の石井教授の特集が、医療ナビに掲載されているから、興味のある人は見て欲しい。

◆アトピー克服の盲点 筋トレで効率的に基礎代謝力がアップする!
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=health&c2=1&c3=41

このようにいろいろ工夫することで、温まり方を良い方向に感じさせることもできるから、できる限り、体にやさしい入浴を心がけるようにして欲しい。

 

おまけ★★★★南のつぶやき

入浴前の軽い運動は、本当に、温まり方が全然違いますよ。
そういえば、浴槽のお湯の中で、体操をしている方がいらっしゃいました。
でも、滑りやすく危ないのと、お風呂はリラックスしてお湯に浸かることも必要ですから程ほどにしておきましょうね。