アトピーの新薬、国内でガン発生報告

東です。


先日、取材に行った先生から、ある情報をいただきました。
あとぴナビでは、アトピー性皮膚炎に関する情報は、ニュースやネットなどから常に調べているのですが、その情報が報道されていたことには全く気づいていませんでした。

 

9月26日の産経新聞(東京本社版)に掲載された記事で、内容は下記の通りです。

 

アトピーの新薬治療 添付文書改訂を指導

 ステロイドに代わる新たなアトピー性皮膚炎の治療薬として注目されているアステラス製薬(東京都中央区)の「プロトピック軟膏(なんこう)」について、厚生労働省が「使用上の注意」(添付文書)の改訂を指導したことが25日、分かった。

 厚労省は医療関係者向けの警告欄に「本剤使用例において関連性は明らかではないが、リンパ腫、皮膚がんの発現が報告されている」と記載するよう先月8日に指導。処方する際は患者や保護者に説明することを求めている。

 これまで同軟膏の警告欄には、リンパ腫、皮膚がんの外国での報告例が記載されていた。
 厚労省は「リンパ腫、皮膚がんの報告が国内で年1例程度寄せられているため、改訂を指導した。因果関係を特定するのは難しい」(安全対策課)としている。

 

今まで、プロトピックについては、外国での発ガンの報告例は多数あり、論文も複数発表されています。
このことをプロトピックを処方する複数の医師に聞いたことが過去、何度かありますが、それらの医師が決まって言うのは、「因果関係は明らかでないし、プロトピックは安全だ」ということでした。
しかし、今回の厚生労働省の指導では、患者側にも、使用することでガンの発現が報告されていることを説明するように求めているぐらい、強い内容だと思います。
残念なのは、現場の医師が、その指導をほとんど守っていないこと。
おそらく、そのような指導が出たことを知らない医師も多いのではないでしょうか?
実際、この報道に接してから、あとぴナビに相談がある方の中で、9月以降でプロトピックの処方をはじめて受けた方、10名に聞いてみましたが、発ガンのリスクについての説明を受けた人はいませんでした。

来年には、同じ免疫抑制剤の、しかも「服用」の薬剤がアトピー性皮膚炎の新薬として発売されるという話も聞いていますが、服用の場合、外用よりもはるかに効果も副作用も強く出ると聞きます。

アトピー性皮膚炎の治療を受けるのは患者で、その利益も不利益も患者が受けます。
患者が不利益を少しでも減らすには、医師が説明してくれない以上、どうすればよいのでしょうか?

医療機関、行政側が「患者のために」姿勢を正してくれることを望みます。

 
おまけ★★★★西のつぶやき


怖いのは、今回の指導は8月8日とあるが、それが9月25日まで明らかにされなかったこと、さらに、産経新聞以外では、報道されていないこと(少なくともその痕跡は見つけられなかった)だろう。
特に、アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)では、リスクが多いため乳幼児の使用については、他に治療法がないときに限る、という制限を設けているほどだが、日本では、そのような制限は行われていない。
今回のように「発ガン」という多大なリスクの可能性については、そのリスクの「被害」を受けるのは患者自身である以上、患者側にしっかり伝えるべきだろう。