一人暮らしでもしっかり朝食を!

秋といえば「食欲の秋」が浮かぶけど、一人暮らしだと、どうしても食事を作るのって、面倒だよね。


でも、体を構成する細胞は「食事」を元に作られるわけだから、食事の「質」って大切だと思う。
そこで、今日は、僕の友達の料理人が、教えてくれた自炊するときのポイントを紹介するよ。

 

特に朝食。
一人暮らしだと、毎朝、朝食を作るのは結構面倒だよね。
でも、朝食は一日のコンディションを左右するから、しっかり確保しておきたところ。
特に、ご飯とみそ汁だけでも摂るだけで、結構バランスよく取れるらしい。
そこで、ワンポイント。
まず、ご飯は休みの日にまとめて炊いて、お茶碗一杯分の丁度良い分量ずつをラップでつつんで、一週間分を冷凍庫で保存。
これが、やってみると結構楽なんだ。
朝、起きてとりあえず冷凍庫から出して、レンジでチンするだけだからね。
味噌汁は、鍋で作ると、後片付けもあるから、結構、大変な作業に思うけど、そんなときは、「ネギ味噌湯」がおススメ。
材料は、

きざみネギ
おろし生姜
削りかつお節少々
スプーン一杯のお味噌

これも、休みの日に、一食分ずつ混ぜてラップで包んで、冷蔵庫に入れておけば保管も簡単。
食べる際は熱湯を注ぐだけでOK。
ネギ、生姜、お味噌は身体をしっかり温めてくれるから、これからの寒い時期は、かなりお薦めだよ。

僕も、冷凍庫に何セットか入れているけど、朝だけじゃなく、夜、ちょっと小腹が空いたときにもすぐに準備できるから、結構重宝してるんだ。

 

おまけ★★★★博士のつぶやき

ショウゴのメニューじゃが、意外とバランスは良いようじゃの。
野菜も使っておるし、発酵食品である味噌もいい。
自分で作って冷凍庫で保管するなら、保存料の心配もいらんしな。
わしも、試してみようかの・・・・