秋の過ごし方と注意点

こんにちは。南です。


夏もすっかり終わり、本格的に秋の季節になったようですね。
アトピー性皮膚炎の方にとっても、「秋」は、一年の中で比較的、症状が楽になって過ごしやすい季節です。
とはいえ、「秋」の過ごし方には意外と注意しなければならないこともあります。
今日は、そのお話をしたいと思います。

秋は9月~11月ぐらいですが、同じ秋とはいえ9月と10月では、気候に違いが出てきます。
9月はまだ夏の空気と秋の空気とが入り混じった変化にとんだ時期で、台風の襲来や秋雨などの影響も考えられます。
今年は、「ゲリラ豪雨」と呼ばれた集中豪雨がニュースで話題となりました。

こういった、低気圧や高気圧の入り混じった天候の変動は、人間の体にとっても、気温や気圧などの変化からくる影響が大きくなります。
特に、自律神経系などの働きによる恒常性の維持に負担がかかりやすくなると言われています。

実際、基礎代謝の統計で、興味深いデータがあります。
基礎代謝とは、体温を維持するために安静の身体が作り出す熱の量のことですが、これは、一般的に夏場は代謝量を出来るだけ少なくして体温の上昇を抑えるように調節され、逆に冬場は代謝量を多くして体温の低下を防ぐ体内調節が行なわれるとされます。
熊本市の月別平均気温の変化と基礎代謝量の関係の統計を見ると、「代謝量の調節が気温の変化にすぐには対応出来ず2~3週間遅れて変化している」といえるそうです。

生理学者の間では、こういったズレが大きければ大きいほど身体はバランスを崩し易い、言い換えれば病気にかかりやすくなったり障害が現れやすくなると考えられているようです。
これが、季節の変わり目には健康を害しやすい理由の一つなのでしょう。

そして、これからの時期、10月に入ると秋の気候で安定してきます。
大陸からの気団に覆われ、湿度も落ち着き、日本がヨーロッパの気候に最も近い季節ともいわれています。
食欲の秋とか芸術の秋とか、日本人に好まれる季節です。

この時期になると、人間の身体は夏場と違い、気温が下がる事に合わせて身体から放出される熱量は多くなっていきます。
そこで、これらを伴うために多量のカロリーが必要になり食欲が進む事になって行きます。
秋と言う季節は、これから本格的に寒くなり、基礎代謝量が上がり、体温を維持する為に毎日相当の熱量を必要とする季節になることを想定した準備態勢にあるともいえるでしょう。
食欲が増すと同時に「旬」と言われる様々な美味しい食材が市場に並ぶ時期ですから、しっかりと栄養を蓄えて冬に備えたい所です。

会員の方の例で、この時期に無理なダイエットをしたが為に、冬場から春にかけて大きく症状を落とされたケースなどがありますから、一年を通じて、私たち、日本人が季節に順応している流れを踏まえて生活することが、いかに大切であるかを知っていただきたいと思います。

最後に気圧と健康の関係を少しばかり・・・

秋は、大陸からの移動性高気圧に覆われて安定した秋晴れの多い季節です。
しかし、日本列島上空には「ジェット気流」と呼ばれる強い偏西風帯がありますから、次の高気圧との間の気圧の谷が移動してきます。
11月頃になると大陸から、この気圧の谷の後側に強い寒気が降りてくるようになり、寒冷前線を形成することが多くなります。
寒冷前線が通過するということは、気温や気圧の変化が急激に起こることでもあるので、自律神経系に与える刺激も大きいものになります。

気圧1ヘクトパスカルは、およそ10メートルの高度差に換算されますから、数時間に数十ヘクトパスカルの気圧が変化するという事は数百メートルの高度を上がったり下がったりすることと同じと考えられます。
気圧傾度が大きければ大きいほどその変化は顕著になるわけです。
急な気圧変化で起こりやすい症状としては、頭痛、関節の痛み、めまい、精神不安定、喘息などアレルギー症状の悪化などが代表的です。
これは台風の接近によっても起こりえます。

これからの秋の季節の気候変動と身体との関係を知っておく事は、自分自身の体調管理、つまりアトピー症状のコントロールを行なっていくうえで大切な要素となりえます。
アトピー性皮膚炎は、生体にとって、「警告信号」の要素が強いといわれますが、このような気候的な要因により、意外と私たちの生体は揺さぶられ、強い影響を受けているのです。

季節の変わり目になると、他に思い当たる節がないのに、どうしてアトピーが悪くなるのだろうと漠然と不安を持っていらっしゃる方もおられることでしょう。
そういった方は、こういった気候の変動が体に与える影響と、その変動に順応できる体作り、という点を、少しだけでも考えてみてくださいね。

 
おまけ★★★★ショウゴのつぶやき


8月から9月にかけては、本当に雷が多かったよね。
甥っ子の飼っている犬は、雷に弱いみたいで、雷が鳴ると尾っぽを丸めて震えてるんだ。
しかも、雷の鳴り出す少し前から、そういった仕草になっていたから、気圧の変化なんかを敏感に感じ取っていたのかもね。