アトピーにお酒って・・・?

夜になると虫の声で、秋を感じるようになったな。
お酒は強いほうじゃないが、好きでな・・。
日本酒が美味い季節じゃ。
秋風を感じつつ、呑む純米酒は最高じゃ。

いや、つい脱線してしまった。
そうそう、アトピーの相談の中にもお酒の話が時々出てくるのじゃ。

「アトピーの人は、お酒は飲んだらいけないといわれたけど、やっぱりダメなんですか?」というもの。

アルコールは粘膜をより敏感にするのと、免疫力を下げるので良くないといわれるが、実際はそうではないらしい。
南に聞くとお酒の好きなアトピーの方も多いと聞く。

「酒は、百薬の長」と言われるくらいじゃから、適量ならかえってストレス解消、リラックス効果のほうが高いのかもしれんな。

面白いのが、飲むと痒みを感じると答えたお酒で一番多いのはビールだそうじゃ。
体も冷やすので飲みすぎには注意が必要じゃ。
意外に大丈夫なのが日本酒。
特に、醸造用アルコールを使用していない純米酒。
もちろん適量ということになるが、冷でも体を温める作用があり、痒みもあまり感じないようじゃ。
アミノ酸が多いせいか肌にも良いと昔から言われているお酒でもある。
また、焼酎やウィスキーなどの蒸留酒は、ロックなどのアルコール度数の高い状態で飲むと痒みを強く感じる方が多く、ウーロン茶やお水で薄くして飲むとそうでもないという報告もある。
蒸留酒を飲む際には少し割って、アルコールを薄くして飲むほうが言いようじゃな。

まあ、どういうことで、このような差が出るのか分からんが、お酒を安心して飲みたいアトピーの方のためにも、一度アンケートでもして研究しみるかな。

ちょっと、興味のある話を南から聞いたもんでな・・・すまん、すまん。

 
おまけ★★★★北のつぶやき

お酒って、百薬の長ですよね~
私も、大好きです!
でも、東くんが私がお酒強すぎ、って前につぶやいてたけど、博士は私よりも何倍も強いんですよ。
でも、飲みすぎだけは気をつけてくださいね!