一つのことにチャレンジする!

今日、あとぴナビの編集会議とやらに呼ばれて行ってきたのじゃが、面白い企画があったので紹介しよう。

なにやら、あとぴナビの読者が参加する企画で、今回は屋久島の縄文杉を見るトレッキングに挑戦するという内容じゃ。
往復10時間というからなかなかのもじゃ。
ガイドはつくが、雨天決行ということらしい。
2009年1月号特集に掲載される予定じゃそうじゃ。

よく聞くと、参加する2人はまだ症状もあり、アトピーを治している途中の方らしい。

アトピーの方は、環境の変化にも敏感で、それが症状に反映されるので、なにか新しいことをする際に躊躇してしまうことが多い。
編集部に届く相談には「・・・したいけど、症状が心配なので・・・できない・・どうでしょうか?」という悩みが多く届くそうじゃ。

その中には、明らかに今は止めといたほうがいいというものもあれば、これはチャレンジしてみたほうが良い変化があるかもというものもある。

21日の南のブログにもあったサッカー少年の例もそうじゃが、今回の企画も、症状はあるが「屋久島行きたい! 縄文杉見たい!」という熱意が、アトピー症状の不安を打ち消してのチャレンジじゃそうじゃ。

まずは、アトピーに「こころ」が勝つことが大切ということかな。

さて、結果はどうなるか。
途中で痒みも出るだろうし、へとへとにもなるかもしれない、でも二人のチャレンジを応援したくなったぞ。
がんばれ!

「アトピーを否定して、アトピーを治すこと」も、「アトピーを受け入れて、アトピーを治していくこと」もどちらも正しい。
行き詰ったときに、勇気を出して何かにチャレンジしてみるということは、その停滞した局面を打開するには良い方法かも知れんぞ。

自信にもつながるし、自信は自然治癒力を高める最大の鍵でもある。

そうそう、みんなも、「実はこれしたいんだけど・・・」なんてことがあったらあとぴナビの編集部に、企画書でも送ってみてはどうじゃな。
以外にあとぴナビが夢の実現に向けて応援してくれるかもしれんぞ。

 
おまけ★★★★ショウゴのつぶやき

甥っ子の父、つまり姉の夫のことだけど、去年から、毎朝、散歩をはじめたんだ。
どうやら、メタボを気にしてのことらしいけど・・・
それで、朝の犬の散歩は彼の担当。
雨の日も、雪の日も、台風の日も、正月も関係なく毎日続けて、ちょうど一年経ったけど、見事にウエストが10cm減ったと喜んでいたよ。
本人は、続けられるかどうか心配だったらしいけど、いろいろ新しい発見も多いらしく、楽しんでやっているよ。