夏だからこそ、運動不足に気をつけよう

みんな、運動はしとるかの?
蒸し暑い夏、冷房の聞いた部屋で運動不足になっておらんか?

来月、9月号の特集では、東大の石井教授に「スロートレー二ング」という、誰でも簡単にできる筋トレをお聞きしたので、お勧めじゃ。
涼しい部屋でも簡単にできるぞ。
しかも、最低週二回行えば効果は出てくるそうじゃ。

私も実践して約1ヶ月半になるが、明らかに筋力がアップしたことが実感できるし、なにより疲れにくくなった。
代謝も増したようで体の冷えもなくなったぞ。

体験者としてお勧めじゃ。

どんなものかというと、スクワットや腕立てなど部屋でできる筋トレを「ゆっくりと行う」、「間接を伸ばさず、常に筋肉にハリを持たせる」ことがコツじゃ。
先生曰く「筋肉をだます」そうじゃ。

そうすると筋肉は大変な負荷をかけられていると勘違いし、修復を必死にするようで、それにより筋肉の量が増えるという仕組みらしい。

そうなると、どのようなメリットがあるかというと、『基礎代謝力がアップする』
これは、筋肉が一番のエネルギー消費器官だからだそうで、筋肉が衰えると、それに従って基礎代謝も落ちるのじゃ。
基礎代謝力は生命力でもあるので重要じゃ。

一番効果的なのがコアマッスルと言われる、太ももやお尻、お腹や背中などの大きな筋肉を鍛えること。これらの筋肉は椅子に座っているだけ、立っているだけでエネルギーを大量に消費するので大切じゃ。

そして、運動不足がかさなると、筋力は驚くほど低下するそうじゃ。

アトピーの方は、代謝力が低下している方が多い。
例えば
「冷えを感じる」
「汗をかかない」
「皮脂が十分分泌されず肌が乾燥している」
「ほてったりしやすい」
「一進一退を繰り返す」
などがあれば要注意じゃ。

これらの症状にピンときたら、有酸素運動だけでなく無酸素運動の「筋トレ」、特にスロートレーニングを実践してみてくれ。
きっと良い結果が待っとるぞ。

9月のWeeklyマガジンでは、そのメニューも紹介するのでぜひぜひ楽しみにしてくれ!

 

おまけ★★★★ショウゴのつぶやき

甥っ子が飼っているハムスターはジャンガリアンっていう種類のハムスター。
ハムスターは、普通の人がイメージするオレンジと白の斑の種類をゴールデンハムスターといって、それより一回り小さなハムスターをドワーフハムスターって言うんだ。
ドワーフの中にはジャンガリアンやチャイニーズ、ロボロフスキーとか何種類かあるんだけど、甥っ子が今、飼っているのは、毛並みが黄色いイエロータイプのジャンガリアンハムスター。
もう生後2年以上になるんだけど、まだまだ元気。
飲み水は豊泉水なんだけど、試しに水道水と豊泉水と両方、置いてみてら、豊泉水の方だけ飲んでたね。
同じことをモルモットと犬にもやってみたけど、犬は、全く気にせず、モルモットは豊泉水の方が減る量が多かった。

体が小さくなるほど、そういうのに敏感なのかもしれないね。
普通、ジャンガリアンハムスターの寿命は2年くらいって言われているんだけど、暑さに負けずに長生きして欲しいなあ。