部屋の化学物質

いや~、ホントに暑い日が続くの。
こんな日は、研究を早く切り上げて、涼しい部屋で冷たいビールをクイッといきたいもんじゃ。

さて、夏になると気になるのが「部屋の化学物質」。
明らかに微量化学物質が原因で、アトピーが悪化するケースは年々増えてきているようじゃ。特に、痒みなどが激しくなるケースを良く聞く。

化学物質といえば、世間では食品添加物や保存料などが問題視されているが、その摂取で一番深刻な影響を体に与えるのは実は「呼吸」なんじゃ。

食に関して言えば、残留農薬や添加物、保存料を全く取らない食生活ができれば良いが、完全に・・・というのは無理というもの。
しかし、最近ではそれらへの消費者の関心も高まり、比較的に安全な食材や調味料もたくさん出回っておる。
できるだけ安全な食材をチョイスできる機会は増えており安心じゃな。
また、口から接収するので、少々の化学物質なら肝臓などで解毒されたり、便で排泄されたりする。

しかし、呼吸は肺から直接なので、その影響は大で深刻なんじゃ。

例えば、夏になると室温の上昇により、室内の化学物質の濃度は10倍になるというデータがある。
建材や壁紙から出る化学物質も問題となっているが、最近の住宅ではかなり改善されてきておるようじゃ。むしろ怖いのは「家具」特に合板、「ソファー」、「カーテン」などが曲者。

夏、帰宅後空気の入れ替えをしないで、そのまま冷房!となれば、室温の上昇にともない化学物質が多量に出たままの状態に。
そして・・・・涼しくなってそのまま就寝・・・・ではちょっとゾッとするの。

みんなは、帰宅後は必ず空気の入れ替えをしてから、エアコンを使うようにするんじゃぞ。

なに?
「ビールの飲みすぎも、体に悪い!」・・・・って、「わかっとる!!!」

 

おまけ★★★★ジョシュアくんのつぶやき


11日のプレゼントには、たくさん応募してもらってありがとう!
来週、抽選を行う予定なので、応募した人は楽しみに待っていてね。
来週は1回登場予定だよ。
日にちは内緒だけど。
ちなみに、僕が登場したら、あとぴナビ情報Web、あとぴナビ通販WebのトップページにあるWhat’s Newでも告知するからね。