博士は夏休み

博士とか、他のスタッフが夏休みでお休みなので、雑談担当(笑)の僕が、今日はブログを担当します!

僕の甥っ子が飼っているペットは、犬(雑種)、モルモット、ハムスター、カナヘビ、あとは虫がたくさん、って感じ。

去年のこどもの日に近所のスーパーで配っていたカブトムシの幼虫が成虫になって、そのまま卵を産んだのが分かったのが去年の秋。
カブトムシが死んで、土を処分しようとしたら、幼虫がいるのに気がついたんだ。

その数は9匹。

慌てて、甥っ子と一緒に幼虫の育て方をネットで調べたんだ。
餌となる腐葉土について、土が乾かないように水を欠かさないとか、簡単に情報を得られるからネットは本当に便利だよね。

それで、無事に先月、全部が成虫へと羽化してくれてホッとしたよ。
甥っ子は、毎日よく面倒をみてたから喜びもひとしお。土を代えたり水をやったり、寒さで土が凍らないようにゲージを毛布で巻いたりと、お正月にもちゃんと面倒見てたからね。

そして、成虫になってから1ヶ月たった昨日、近所の森に、カブトムシを放しにいったんだ。
みんな兄弟姉妹なので、卵を産ませるわけにはいかないから、雄雌でゲージも分けていたんだけど、このままゲージの中で一生を終えるより、自然も経験させてあげようって、渋る甥っ子を説得。

一年近く世話してたわけだから、甥っ子も悲しそうだったけど、最後は納得してくれた。
でも、いろんな意味で、甥っ子にとっては良い勉強だったと思うんだ。

あのカブトムシたち、素敵なお嫁さん、お婿さんを見つけられたかなぁ・・・

 

おまけ★★★★ショウゴのつぶやき

 

僕もアレルギー体質なんだけど、カブトムシを触っていたら、手の上でおしっこされたんだ。
そしたら、そのままカブトムシが歩いた肌が、トゲトゲした足でひっかかれて、みみずばれに・・・・
カブトムシのアレルギーって・・・・参ったよ(笑)